Episode04_ピースボートに乗り、CTIジャパンの代表を退任

Contents
  • 胆石発作とコーチの問いかけ
  • 衝動的に決めたピースボート乗船
  • 自分の無知に愕然とする
  • あまりに非常識で不都合な声
  • 人生に無駄なし
Next Page

胆石発作とコーチの問いかけ

会社を立ち上げてから2年ほど経った2002年の春、突然胆石の発作を起こして入院するということがありました。会社は幸いにも順調に発展していましたが、それまでは個人ビジネスに毛が生えた程度の自転車操業的な状態が続いていたので、もしかしたら無理がたたったのかもしれません。

当時、私にはカナダ人のコーチがいて、退院後の最初のセッションで事の顛末を報告し、精密検査の結果、すぐには手術をしなくていいことになってホッとしたという話をしました。すると、彼女は「口ではホッとしたと言いながら、なんとなくがっかりした感じが伝わってくるんだけど」と言いました。

最初、「えっ、そんなことはない」と思いましたが、よくよく考えてみると、手術をするという話になった時、「これでやっと休める」とどこかで思っていたことに気がつきました。

そのことを伝えると、彼女は急に怒り出して、「それはおかしいわよ。病気にならないと休めないなんて。同じ休むなら、健康のまま休めばいいじゃないの」と言ったあと、「もし仮に健康な状態で3ヶ月休めるとしたら、何がしたい?」という、いかにもコーチらしい問いを投げかけてきました。

77
78
Next Page

その時、ふと視線を上げると、部屋の壁に「いつか行けたら行きたい」と思って以前切り抜きをして貼っておいたピースボートの新聞広告が目に入ったのです。そこには「世界一周、3ヶ月の旅」と書かれていました。

これだ!と思い、それを彼女に伝えると、畳みかけるように「じゃ、それを実現するために、まず何をする?」と聞いてきました。「このあと、さっそく事務局に電話して、最新の資料を取り寄せます」と約束し、コーチとのセッションが終わるとすぐさまピースボートの事務局に電話をかけました。すると、「ちょうど今週の土曜日に説明会があるんですが、いらっしゃいませんか?」とのこと。スケジュールを見たら、これまたちょうど空いていたので、参加することにしました。

ピースボートの旅で乗船したオリビア号
79
80
Next Page

衝動的に決めたピースボート乗船

説明会にはその年の7月に結婚する予定になっていた妻を連れて行きました。そして、まだ説明を半分も聞かないうちに、私が突然申込書を書き始めたのを見て「何してんのよ!」と目を丸くしている彼女に、私は「今申し込まなければ、絶対に行かないと思うから」と答えました。よく考えてそうしているというより、衝動的に書いているような感じでした。

でも、実際そこで書かなかったら、行けない理由の方がたくさん出てきて、思いとどまっていたかもしれません。

小さな会社とはいえ、その代表者が、まだ事業が軌道に乗ったとは言えない時期に、3ヶ月もの間、仕事を休んで旅行に出かけるというのは前代未聞のことだと思いますが、「これだ!」という内なる声を信じて、その翌週、思い切って同僚にその考えを打ち明けました。

当然、皆最初はびっくりしていましたが、最後には「私たちが何とかするから、ちょっと長いハネムーンのつもりで行ってきなさい」と言って快く送り出してくれたのです。

コロンビア・カルタヘナで地元のこどもたちと/アフリカ・エリトリアの砂漠で

81
82
Next Page

自分の無知に愕然とする

3ヶ月のピースボートの旅は、当初自分が想像していたのとはまったく異なる体験でした。ピースボートとは、もともと世界中の社会経済的に恵まれない人たちを支援するために、日本で集めた生活物資を船で届けることを目的に発足した団体で、乗客はある意味、その支援活動に便乗しているといった感じなのです。

したがって、いろいろな寄港地でも、いわゆる観光をするオプションもありましたが、「ソーシャル・スタディ」と言って、ピースボートが行う支援活動をボランティアで手伝うというオプションも用意されていました。こういう時でないとなかなか経験できないことなので、幾度となくこのソーシャル・スタディに妻とともに参加したのですが、今まで概念上でしか知らなかった「貧富の格差」や「環境破壊」、「戦争の悲惨さ」といったものを肌で感じることができました。

また、船の上では、毎日のように専門家による、世界の時事問題に関するレクチャーが行われ、他にすることもないので、それをよく聞きに行っていました。そこで聞いたことや見たことのすべてが私の知らないことばかりで、あまりの自分の無知に愕然としたのをよく覚えています。

それまで、コーチングという小さな世界でそれなりにうまくいっていて、多少いい気になっていたのかもしれません。でも、これではまさに「井の中の蛙」ではないか、と強い危機感を抱いたのです。船で世界一周したと言うと、優雅な旅を想像されるかもしれませんが、私にとっては頭を後ろから思い切り引っぱたかれるような体験でした。

83
84
Next Page

あまりに非常識で不都合な声

そんな愕然とした想いに苛まれていたある日、船のデッキの上からはるか彼方まで続く大海原を眺めていると、ふと次のような「内なる声」が心の中で響くのが聴こえました。「It’s time to move on」、すなわち「今こそ次に進む時だ」と言うのです。これだけでは普通、何のことだかわからないと思いますが、その時自分にはそれが何を意味しているのかが直感的にわかりました。

それは、「CTIジャパンの仕事を手放しなさい」ということです。それに対して、頭は「まさか、そんなことできるはずがない」と反論しました。それは、当時の自分にとって、あまりに「非常識」で、かつ「不都合」な声だったからです。会社としてはようやく基盤が整ってきて、まだまだこれからという時期でしたし、そんな時に創設者自らが、しかも3ヶ月も休みをもらって、やっと帰ってきたと思ったら「辞める」というのは、さすがに自分でも「あり得ない」ことでした。

もちろん、その声に耳をふさぐという選択肢もありましたが、アメリカに留学する時に「これからは内なる声にしたがって生きる」と決め、それにしたがったからこそコーチングとも出会えたことを考えると、自分にとって不都合だという理由でその声を裏切ることはどうしてもできませんでした。

ただ、その翌年には、新たに上級コースやリーダーシップ・プログラムを日本で提供する計画があったこともあり、1年間の猶予を自分に与えることにしました。そして、幸いにして後を託せる人が見つかり、同僚の理解と協力も得られたことから、予定通り、1年後の2003年末にCTIジャパンの代表を退任したのです。

85
86
Next Page

人生に無駄なし

振り返ってみると、つくづく人生で起こることにはすべて意味があるのだと感じます。

胆石の発作を起こした時は「何でこんな痛い思いをしなければならないんだ」と思いましたが、それがあったからこそピースボートに乗るという体験ができました。そして、ピースボートに乗ったからこそ、自分の無知に気づくことができ、コーチングという狭い世界から飛び出して、新たな挑戦に向けて一歩を踏み出すことができたわけです。

それが起きた時には、なぜそれが起きたのか、まったく意味がわからなくても、「きっとこれにも何らかの意味があるはずだ」と思うことで、何が起きても冷静に受け止められるようになった気がします。

これは、別の言い方をすれば、「人生に無駄なし」ということでもあります。なぜなら、人生で起こることすべてに意味があるのであれば、人生で起こることに無駄なことは何一つないということになるからです。

87
88
Next Page
Key Message 人生で起こることには、すべて意味がある
Episode05_エコビレッジに惹かれて、フィンドホーンに移住