Episode05_エコビレッジに惹かれて、フィンドホーンに移住

Contents
  • エコビレッジ・トレーニング
  • フィンドホーンで感じたこと
  • 「1000万分の24」の奇跡
  • ヨーロッパに呼ばれている?
Next Page

エコビレッジ・トレーニング

CTIジャパンの代表を退任したあと、特に何かやりたいことがあったわけではありませんでした。ただ、1つだけやってみたいことがありました。それは、スコットランドにあるフィンドホーン*という場所で毎年1回行われる1ヶ月の「エコビレッジ・トレーニング」に参加することでした。エコビレッジとは、その名前が示す通り、環境共生型のコミュニティのことですが、エコビレッジ・トレーニングでは、どうやってそのようなコミュニティをつくるかをいろいろな側面から学ぶわけです。

なぜそのトレーニングに参加しようと思ったかというと、そこで取り上げられることがコーチングの仕事をしている時に漠然と感じていた1つの疑問に対するヒントを提供してくれるのではないかと直感的に感じたからです。その疑問というのは、次のようなものです。

すなわち、「コーチングというのは、相手の可能性を引き出すのに役立つ非常に優れたコミュニケーションの手法だが、結局のところ、世の中のしくみがそこに生きる人たちの可能性を引き出すようなものにならなければ、どこかで限界にぶち当たるのではないか」というものです。

言い換えれば、「そこに生きる人たちの可能性が最大限に発揮されるような世の中のしくみとはどのようなものか?」という問いが自分の中にずっと横たわっていたのです。

*フィンドホーン・・・1962年にアイリーンとピーターのキャディ夫妻および友人のドロシー・マクリーンによって創設されたスコットランドの北方にあるコミュニティ。もともとはスピリチャルなコミュニティの色彩が強かったが、最近は世界を代表するエコビレッジとしてもその名を知られるようになった。

93
94
Next Page

フィンドホーンで感じたこと

実際に、フィンドホーンを訪れ、エコビレッジ・トレーニングに参加してみると、少しずつ自分が直感で感じていたことの正体が見えてきました。フィンドホーンでは、自分たちが食べるものは自分たちでつくり、自分たちが必要とするエネルギーも自分たちでまかなうなど、基本的には外の社会に依存しない自立した暮らしを営んでおり、その運営の仕方もかなり民主的なものでした。

私は、以前から、「見えない依存が無力感を生み、その無力感こそが人の可能性発揮を妨げる最大の要因」だと考えていて、だからこそコーチングを通して「自ら考え、自ら動く」ことの重要性を説いてきたわけですが、フィンドホーンの人たちの暮らしを見ていて、同じように食やエネルギーなど、人が生きていく上で欠かせないものを知らないうちに他人任せにしてしまっていることがどこかで無力感を生み、人々から生きる力を奪っているのではないか、と考えるようになりました。

では、どうすればそのような状態から脱することができるかという問いが次に出てくるわけですが、1ヶ月やそこらいただけではさすがにそこまではわからず、この問いに対する答えはしばらく先に持ち越されることになりました。

フィンドホーンのコミュニティセンター

95
96
Next Page

「1000万分の24」の奇跡

それはさておき、エコビレッジ・トレーニングに参加してから半年ほど経った2004年の秋頃、米国のCTIからあるメールが送られてきました。そこには、「今度トルコでCTIのプログラムを新たに提供することになったのだが、その最初のコースをリードしてみないか」と書かれていました。

CTIジャパンの代表を退任した時に、CTIのコースももうリードしないと伝えていたので、なぜそんなメールが送られてきたのかよくわからず、腹立たしい気持ちさえ感じました。

でも、落ち着いてその可能性に想いを馳せてみると、意外にも心の針が振れるのを感じ、何でやるのか自分でもよくわからないまま、引き受けることにしました。そうしたら、そこで信じられないようなシンクロニシティが起こったのです。

実は、フィンドホーンのエコビレッジ・トレーニングで仲良くなった人の中にトルコ人の人がいて、せっかく行くのであればぜひ会いたいと思って連絡をとってみました。ところが、残念なことにその友人はその時トルコを留守にしているということで、代わりに別の友人を1人紹介すると言われました。これも何かの縁だと思い、その紹介された人と現地で落ち合うべくメールのやりとりをしていたら、なんとその人は私がリードすることになっているCTIのプログラムに申し込んでいるということが発覚したのです!

1人しかいないトルコ人の友人にたまたま紹介された人が、1000万人以上いるイスタンブールの中で24人が定員のそのコースに参加する確率というのはいったいどれくらいあるというのでしょうか?その信じられないようなシンクロニシティがあったことで、トルコに行くという選択をしたことが正しい選択であり、それはきっと何かにつながるはずだという確信を持ちました。

97
98
Next Page

ヨーロッパに呼ばれている?

そのトルコでの仕事を終えて日本に帰国して数日しか経っていないある日、また米国のCTIからメールが流れてきました。そこには、「今度スペインでも新しくCTIのコースを提供するのだが、その最初のコースをリードする予定だった人が急にリードできなくなったので、代わりにリードしてくれないか」と書かれていました。

トルコで起きたシンクロニシティのこともあって、何かの流れを感じていた私はその依頼も引き受けることにしました。そして、スペインでリードしている最中のある晩、またしても眠れない夜を過ごしていました。

というのも、トルコとスペインで立て続けにCTIのコースをリードしたことで、ヨーロッパに対する何とも言えない郷愁のようなものを強く感じていたからでした。

99
100
Next Page

極端に言えば、「自分はヨーロッパに呼ばれているのではないか」という感じさえしました。その時にふと、フィンドホーンに移住するという考えが頭に浮かんだのです。そうすれば、エコビレッジ・トレーニングでつかみかけた問いに対する答えを見つけることができるかもしれない・・・。

そう思うと、もう居ても立ってもいられない気持ちになり、帰国早々、妻にその考えを話しました。

妻も以前からフィンドホーンに興味を持っていたので反対はしませんでしたが、その時はまだ子どもが生まれたばかりだったので、「この子が1歳になるまで待って」と言われました。そして、2005年9月、娘が1歳になる誕生日の日にフィンドホーンに移住したのです。

こうして、自分の内側および外側からのメッセージに導かれていった果てにフィンドホーンに移住するわけですが、元をたどると、それは1つの問いから始まりました。すなわち、「人の可能性が最大限に発揮されるような世の中とはどのようなものか?」という問いです。つまり、この問いが私の人生を変えたのです。このような体験から、正しい答えを求めるより、正しい問いを持つことが人生を豊かにすると、私は強く実感しています。

フィンドホーンの運営メンバーたちと/フィンドホーンの農園で娘と
101
102
Next Page
Key Message 正しい答えを求めるより、深い問いを持つことが人生を豊かにする
Episode06_長い冬を乗り越えて、2つの市民運動と出会う