Episode02_人生を変えたコーチングとの出会い

Contents
  • 辿り着いたテーマは「天職創造」
  • 3人から薦められたコーチング
  • 2つの思い切った行動
  • 信じられないシンクロニシティ
Next Page

辿り着いたテーマは「天職創造」

留学先のCIISで専攻した組織開発・変容学は、簡単に言うと、「組織の中で働く人たちがいかに生き生きと働くか」を扱った学問ですが、留学も2年目に入る頃には、自分の関心は組織をどうするかということよりも、人がどう生きるかということに移っていました。そのきっかけとなったのは、Live your values, and still pay the bills(「自分らしく生きて、かつ生計も立てよう」というような意味)という風変わりな名前の授業をとったことでした。それは、それまでに受けたどの授業よりもワクワクするもので、困ったことにその授業を受けてから他の組織論に関する授業を受ける気をなくしてしまいました。

幸い、CIISにはインデペンデント・スタディという制度があり、自分でテーマを決め、先生を誰にするかを含め、自分で個人授業をデザインすることができたので、私はその授業を教えていた先生に無理やり頼み込んで、次の学期から個別指導を受けることになりました。

この頃から私は、いずれ日本に帰国したら、仕事にやりがいを感じられずに悩んでいる人たちをサポートするような仕事がしたい、と強く思うようになっていました。そこで私は、その先生とのやりとりを通して学んだことを「天職創造」というコンセプトにまとめ、同時にそのコンセプトにもとづいたワークショップを開発することにしました。

CIISのクラスメートたちと/下宿先の自室にて

51
52
Next Page

3人から薦められたコーチング

そのワークショップを開発しながら、私はこれだけでは不十分だと感じていました。というのも、仮にすばらしいワークショップができたとしても、それに参加してくれた人たちがやりがいのある仕事に出会うまでのプロセスを継続的にサポートするしくみがなければ、ただ単に「楽しいワークショップだった」で終わってしまうと思ったからです。そこで、ワークショップ後も継続的なサポートをする上で効果的な方法はないかと思い、それについて機会があるごとにいろいろな人に話していたら、別々の機会に3人の人から「コーチングを勉強してみたら?」と言われたのです。

多くの人がそうであるように、私も最初に「コーチング」と聞いた時は、すぐにスポーツのコーチを連想してしまい、正直言ってあまりピンときませんでした。

しかし、さすがに3回も同じことを言われると、そのシンクロニシティ(偶然の一致)を無視するわけにもいかず、1995年の秋、彼らが共通して名前を挙げたThe Coaches Training Institute(略称:CTI)*という会社が提供するコーアクティブ・コーチング*の基礎コースを受けてみることにしたのです。すると、それは「まさに、これぞ自分が探していたものだ!」と思わず叫びたくなるほど感動的な出会いとなり、すぐにその場で次の応用コースに申し込むことにしました。

*CTI・・・1992年にヘンリーとキャレンのキムジーハウス夫妻、そして故ローラ・ウイットワースの3人によって設立されたコーチ養成機関。現在、日本を含む世界20ヶ国以上でコーチング・プログラムを提供しており、その参加体験型のトレーニングには定評がある。

*コーアクティブ・コーチング・・・CTIが提供するコーチング体系の総称。「コーアクティブ」とは「協働的」という意味で、コーチをする側と受ける側がともに対等な立場で、互いの持っている力を存分に発揮し合いながら、望ましい変化を一緒に創り出していく、という考え方や関わり方を表している。

53
54
Next Page

2つの思い切った行動

CTIの応用コースには、当時、フルフィルメント、バランス、プロセスという3つのコースがありました。そして、その先には半年間にわたる上級コースが待っていました。私は、最初の基礎コースを受けた瞬間から最後まで行きたいと思っていたのですが、貧乏留学生だった自分には、応用コースを受講するのが精一杯で、とても上級コースまで受講するだけのお金はありませんでした。

でも、どうしても行きたい。そこで、2つの思い切った行動を取りました。1つは、CTIに手紙を書いて、奨学金を出してくれないかと依頼したこと。そして、もう1つは、会社に勤めていた頃に営業でお世話になったソフトウエア会社の社長さんにお金を貸してもらえないかと依頼したこと。

その後ひと月以上、どちらからも何の返事もなかったので、「やはり非常識なことをお願いしてしまったのかな」と半ばあきらめかけていた時、応用コースの2つ目であるバランス・コースに参加しました。

55
56
Next Page

信じられないシンクロニシティ

当時、CTIはまだ創業まもない頃だったので、どのコースも3人いる創設者自らが教えていたのですが、コースが終わったあと彼らに呼ばれて行ってみると、「例の奨学金のことだけど、今まで私たちはそんなことしたことがないけれど、あなたの熱意に免じて半額だけ出すことにしたわ」と言われたのです。すごくうれしかったのですが、半額だけでは上級コースに進めません。

あと半額をどうしたらいいか思い悩みながら、その日家に帰ってくると、電話が鳴っているのが聞こえました。慌てて受話器を取ると、なんと借金を依頼した社長さんからでした。「君に頼まれたお金をどうやって工面しようか考えていたので遅くなってしまったけど、いい方法が見つかったので君の銀行口座を教えてくれ」というではありませんか。

両方から同じ日に返事がくるという信じられないシンクロニシティに、「これで上級コースに行けるぞ」という喜びと同時に、「これは何かが自分にコーチングを学べと言っているとしか思えない」という運命的なものを感じました。

3人からほぼ時を同じくしてコーチングを薦められたことも含め、こうしたシンクロニシティは、あたかも「それがあなたの進むべき道だ」と指し示してくれる道しるべのようなものではないか、とこの時思いました。そう思うと、なんだか身が引き締まるような、武者震いがするような気持ちになったのを今でもよく覚えています。

57
58
Next Page
Key Message シンクロニシティはその人が進むべき道を指し示す道しるべ
Episode03_出版をきっかけに、CTIジャパンを設立