Episode03_出版をきっかけに、CTIジャパンを設立

Contents
  • 思いがけず売れた本
  • 予定になかった会社の設立
  • あえてコーチングの方に舵を切る
Next Page

思いがけず売れた本

アメリカ留学から帰国してしばらくの間は、留学中に開発した天職創造セミナーというワークショップ形式の参加体験型プログラムを実施し、それに参加してくれた人のうち希望者に対してコーチングを提供するという個人ビジネスを細々とやっていました。そのうち、参加者の人たちから「天職創造もいいけど、コーチングもおもしろそうだから、それを教えてくれないか」という要望をいただくようになりました。

そこで、勉強会形式でコーチングを教えるようになったのですが、そうこうするうちにどこかで噂を聞きつけたのか、人材教育系の雑誌でコーチングに関する記事を書いてほしいと頼まれたり、研修会社からコーチングに関する講演や研修をしてほしいと頼まれたりするようになりました。

そんな中、CTIの創設者たちが書いたコーチングについての本の日本語版を出版したいと思ってある出版社を訪ねた時、「うちはあまり翻訳ものはやってないけど、テーマがおもしろそうだから、あなたが書くんだったら企画を上げてみてもいいですよ」という思ってもみない話が降ってきました。

結局、企画は通り、ビジネスという文脈でコーチングについての本を書くことになり、1999年の夏に『部下を伸ばすコーチング』が出版されました。初めて書いた本でしたが、ビジネス本にしてはよく売れ、様々なところから続々と講演や研修の依頼が入るようになりました。これはとても1人では対応できないと感じ、CTIに相談してその翌年にCTIのコーアクティブ・コーチング・プログラムを日本で提供することになりました。以前から、いつかはCTIのプログラムを日本でやりたいと薄々思ってはいましたが、本が出版され、予想外に大きな反響があったことがきっかけとなって、その想いが実現することになったのです。

63
64
Next Page

予定になかった会社の設立

ただ、最初から事業化することを考えていたわけではありませんでした。とにかく1回、CTIのプログラムを日本でやってみたかったのです。その証拠に、会社を立ち上げたのは最初のコースが開催された2000年5月から2ヶ月経った7月のことでした。

自分自身、CTIのコースを受けて人生が変わったと思っていたので、そのすばらしいプログラムを日本の人たちとも分かち合いたいという想いだけで、あまり先のことまでは考えていなかったのです。

ところが、いざ2回ほど基礎コースをやってみると、参加した人たちから「次の応用コースはいつやるんですか?」という声が上がり、「これは大変!」ということで、慌てて会社をつくったというのが正直なところでした。そもそも自分が会社をつくるということ自体、思ってもみないことだったのです。

CTIジャパン初期の頃のワークショップ風景

65
66
Next Page

会社をつくるとなったら、やれ人は雇わないといけないとか、やれ事務所を構えないといけないといったように、何かと面倒なこともたくさん発生してくるし、私としてはこれまでのように個人事業主として自由気ままにやっている方が性に合っていると思っていました。

さらに、会社をつくるということは、これまでやってきた天職創造の仕事をいったん棚上げにすることを意味していました。それは、会社をつくるということと合わせて、私にとっては大きな決断であり、挑戦でした。

67
68
Next Page

あえてコーチングの方に舵を切る

でも、あえてその道を選んだのは、一言で言うと、「流れ」がきていると感じたからでした。

天職創造セミナーの参加者から挙がった「コーチングを教えてほしい」という声を発端に、「コーチングについて記事を書いてほしい」「コーチングについての講演や研修をしてほしい」という話が増えてきて、ついにはコーチングについての本まで書くことになり、思いがけずその本が売れるという一連の出来事が、すべて自分をコーチングの方に「仕向けている」ように感じたのです。

同時に、これまで天職創造セミナーに参加してくれた人の中から希望者に対してコーチングを提供していたわけですが、一時にコーチングできる人はせいぜい20人くらいであり、コーチングができる人がもっと世の中に増えない限り、自分のセミナーに参加してくれた人たちですら満足にサポートできないと思ったことも、コーチングの方に舵を切った1つの理由です。

自分がこれまでやってきたことに一時停止ボタンを押し、会社をつくるという経験のない領域に足を踏み入れることには恐ろしさもありましたが、上記のような「流れ」を信じ、それに逆らわず、あえてその流れに乗ってみることにしたのです。

69
70
Next Page

そして、その決断によって、私の人生はその後さらに思いがけない方向に展開していくのですが、それは結局、自分自身の天職創造プロセスをさらに推し進めていくことになります。

そういう意味で、今振り返ってみると、流れが来た時には、それに乗ってみると、自分が予想したのとはまったく違う形で人生の扉が開かれていくということを改めて実感しています。

71
72
Next Page
Key Message 流れに乗ると、思いがけない形で人生の扉が開かれる
Episode04_ピースボートに乗り、CTIジャパンの代表を退任