Episode01_会社を辞めて、アメリカに私費で留学

Contents
  • 5回受けて、5回落ちた留学試験
  • 「人ありきの組織論」に心が動く
  • 想像とかけ離れていた授業風景
  • ふと浮かんだ突拍子もない考え
Next Page

5回受けて、5回落ちた留学試験

私には、学生時代の頃からずっと留学したいという気持ちがありました。幸い、就職したリクルートという会社には海外留学制度があったので、入社した次年度から毎年のように応募しました。

しかし、結果は5回挑戦して、5回とも不合格。5回のうち4回は最終段階である役員面接まで行ったのですが、ダメだった理由を尋ねると毎回のように言われたのが「君がなぜ留学したいのかがわからない」ということでした。それもそのはず、自分自身ですらそれがわからなかったのですから。

なぜかわからないけど、留学したい。理由は明確ではなかったけれど、留学したいという気持ちは本物でした。

もちろん、適当な理由をつけることはできたでしょうし、何かしらのことは面接でも言ったと思いますが、やはりそれではとってつけたようになってしまい、説得力がなかったのでしょう。

37
38
Next Page

「人ありきの組織論」に心が動く

そんなある時、担当していた営業の仕事を通じて親しくなったあるソフトウエア会社の社長さんに「実は留学したいんです」と話したことがありました。すると、その人からある人を紹介してもらい、またその人から別の人を紹介されるという感じで、芋づる式に人に会っていった中で同じ大学出身の先輩で、まさにこれから留学しようとしていた人に出会いました。

聞いてみると、サンフランシスコにあるCalifornia Institute of Integral Studies(略称:CIIS)*という名前を聞いたこともない大学で、組織開発・変容学(Organizational Development and Transformation)という、これまた聞いたこともない学問を専攻するつもりとのこと。

それってどんな学問なんですか?という自分の問いに対し、彼が言った「まず組織ありきの組織論ではなく、まず人ありきの組織論なんだ」という言葉に心の針が振れたのを今でも覚えています。

その人はその後も折に触れて、その大学でどんな勉強をしているのかを親切に知らせてくれました。そして、話を聞けば聞くほど、自分の興味が高まっていくのを感じました。

*CIIS・・・1968年にインド人哲学者のハリダス・ショードリ博士によって東洋哲学と西洋哲学を統合するための研究所として設立されたが、のちに大学となった。いわゆる「ニューエイジ系」の大学として知られ、哲学や心理学系の学科を中心に斬新な教育プログラムを提供している。

39
40
Next Page

想像とかけ離れていた授業風景

1993年の冬、どうしてもCIISをこの目で見たくなり、それまでにたまっていた有給休暇を使って渡米することにしました。そして、実際に授業を見学させてもらうことになり、ある教室に通されると、そこで目にした光景は私が想像していたアメリカの大学の授業とはあまりにかけ離れていたので思わず面喰ってしまいました。

私は以前、ある有名大学でMBAの授業を見学させてもらったことがあったのですが、その時目にした光景は、優に数百人は入りそうな大きな階段式の教室の前の方で、いかにも大学教授といった風情の威厳たっぷりの男の人が身振り手振りを交えながら話していて、これまたいかにも学生といった風情の熱心な若者たちが黙ってメモをとっている姿でした。

ところが、CIISで目にしたのは、小学校の教室くらいの小さな部屋に、老若男女が輪になって座り、全員が盛んに話しているので、結局最後まで誰が先生なのかがわかりませんでした。しかも、ただ見学しようと思っていたら、その輪の中に自分も加わるよう促されました。

ただ、不思議なことに、その輪の中に座っているうちに、自分が近い将来そこで学んでいるイメージが湧いてきて、それがとても自然なことのように思えたのです。

41
42
Next Page

ふと浮かんだ突拍子もない考え

会社から行かせてもらえないのであれば、会社を辞めて私費で留学するしかないわけですが、いざその選択肢について考えてみると、自分の将来について不安を覚えないわけにはいきませんでした。名のある大学でMBAの取得を目指すというのであればまだしも、誰も聞いたこともない大学や学科を出たところで、食べていける保証などまったくありません。

アメリカから日本に帰国し、そのまま年末年始の休暇に入ったある晩、ベッドの中で悶々とそのようなことを考えている時、「そもそも、なぜ自分はこれほどまでに留学したいのだろうか?この気持ちはいったいどこから来たのだろうか?」という疑問が湧いてきました。

小学生の頃、父親の仕事の関係で4年ほどイギリスに住んでいたからとか、学生時代にワーキングホリデーという制度を使ってオーストラリアで1年ほど過ごしたからとか、もっともらしい理由を考えてみましたが、そういう経験がある人が皆、留学志向があるかというと決してそんなことはありません。

サンフランシスコの象徴、ゴールデンゲートブリッジ

43
44
Next Page

では、どうしてなんだ?その時、ふと突拍子もない考えが頭に浮かびました。それは、「もしかしたら、この“留学したい”という気持ちは神様から与えられた贈りものなのではないか」というものでした。

これといった明確な理由があるわけではなく、しかもそれをするには多大なリスクと困難が伴うにもかかわらず、それでもやりたいというのは、それが自分を超えたどこかから来ていると思うしかなかったのです。

そして、続いてこう思いました。「もしこれが神様に与えられたものであるとしたら、自分の恐れからそれにしたがわないのは神様に対する冒涜かもしれない」と。別に何か宗教をやっているわけではないのに、なぜそう思ったのかいまだに不思議ですが、この考えが浮かんだことで、それまでの迷いが一気に吹っ切れたのです。そして、帰国後初めて出社した日に、さっそく上司に辞意を伝えました。

45
46
Next Page
Key Message 理由なく何かを「やりたい」と思う気持ちは、神様から与えられた贈りもの
Episode02_人生を変えたコーチングとの出会い