Episode07_アマゾンの先住民を訪ねて、CTIジャパンの経営に復帰

Contents
  • 藤野を拠点にトランジションを展開
  • 背中を押されて動き始めたチェンドリ
  • 頭をよぎった意外な考え
  • 先住民の儀式で得た確信
Next Page

藤野を拠点に
トランジションを展開

2008年の6月に日本に帰国すると、前から何かと縁のあった、神奈川県北西部に位置する藤野という里山風情にあふれる人口1万人くらいの小さな町に生活の拠点を置くことにしました。そして、藤野への引越しが終わるやいなや、さっそく同じパーマカルチャー修了生ですでにその町に住んでいた友人夫妻とともにトランジション活動の立ち上げ準備に入りました。

とは言っても、引っ越してきてまだ日が浅い私たちがいきなりトランジションというわけのわからない横文字をふりかざして、藤野のような小さな町で活動を始めたら、もともとそこに長く住んでいる人たちはあまりいい気がしないのではないかと思い、まずは縁を頼って町で影響力がありそうな人たちを紹介してもらって、個別に説明して回ることにしました。

藤野でのトランジション活動
123
124
Next Page

うれしかったのは、そういう人たちが予想に反して虚心坦懐に自分たちの話を聞いてくれて、「おもしろそうな活動だから応援するよ」と言ってくださったことでした。

それから徐々に興味を持ってくれそうな人たちに対して説明会を開くなどして、準備を始めてから約半年後の2009年2月に運営メンバーを募って正式にトランジション藤野という市民団体を立ち上げました。

同時に、フィンドホーンまで遊びに来てくれた仲間たちと別途トランジション・ジャパンという非営利団体を設立(2009年5月にNPO法人化)し、全国的にトランジションを広げるための活動も展開していきました。

125
126
Next Page

背中を押されて
動き始めたチェンドリ

一方、チェンドリに関しては、2回ほど実験的に実施したものの、プログラムの中で使用する映像に日本語字幕をつけなければ、やはりインパクトが弱く、そのための時間と費用をどう捻出するかというところで止まっていました。

そんな折、2008年の11月にカナダのモントリオールで開かれたコーチング関係では世界最大の国際会議において、チェンドリを提供する機会を得ました。

200人ほどいた参加者の中に何人かCTIジャパンの修了生がいて、終わったあと、「これ、日本でもやらないんですか?」と聞かれました。そこで、日本語字幕のことなどを話すと、「私たちも手伝いますから、日本でもぜひやりましょう」と励まされ、そこから一気にものごとが動き始めました。

チェンジ・ザ・ドリームの活動
127
128
Next Page

翌年4月には日本語字幕がようやく完成し、5月には日本で初めてのファシリテーター・トレーニングを実施するところまでこぎつけました。それを機に、セブン・ジェネレーションズという非営利の任意団体を設立(2011年3月にNPO法人化)し、トランジションの活動と並行してこちらの方の活動も本格化しました。

129
130
Next Page

頭をよぎった意外な考え

このように、チェンドリとトランジションという2つの市民運動に邁進していた2010年3月、前者の活動の一環で南米アマゾンの熱帯雨林に住む先住民に会いに行くツアーを企画し、エクアドルに行くことになりました。その途中、サンフランシスコに立ち寄った際、CTIのオフィスを久しぶりに訪れ、創設者の1人と話す機会がありました。実は、2003年末にCTIジャパンの代表を退任してから、日々の経営業務にはほとんど関わっていませんでしたが、CTIとの主だった交渉事については顧問という立場で引き続き自分が担っており、その時もいくつかの案件を抱えての訪問でした。

ところが、その年の4月から予定されていたあるプログラムが人数不足でキャンセルになったことを報告した途端、意外にも普段温厚なその創設者が急に顔を真っ赤にして怒り始めたのです。「それは、あなたたちの意識がCTIから離れたからではないのか」と。確かに、それはまったくいわれのない批判ではありませんでした。というのも、その数年前から事業の多角化を図ってCTI以外のプログラムをいくつか新たに導入し始めていて、そちらにかなりのマンパワーが割かれていたからです。

131
132
Next Page

その晩、またしても眠れない夜を過ごしました。そして、これまで思ったこともない考えが頭をよぎったのです。すなわち、「自分がCTIジャパンの経営に戻るべきではないのか」という考えです。ただ、この時は、これが本物の「内なる声」かどうかは自信がありませんでした。相手の怒りに反応して責任感からそういう考えが出てきたのではないか、という疑問があったのです。そして、それが本物の声かどうかという問いを持ったまま、エクアドルのツアーに参加することになりました。

アマゾンの先住民を訪ねるツアー
アマゾンの先住民を訪ねるツアー
133
134
Next Page

先住民の儀式で得た確信

約2週間の行程のうち、ハイライトとなるのがアマゾンの熱帯雨林奥深くに住むアチュア族という先住民を訪ねることだったのですが、ある日その地域の先住民に伝わる伝統的な儀式を受ける機会がありました。その儀式とは、ある植物からできた「聖なる飲みもの」を飲むことを通じて、その人にとって必要なビジョンを見るというものでした。その儀式を執り行うシャーマンたちの入念な準備の後、日が落ちて暗くなってから、その飲み物を各自処方してもらったのですが、待てど暮らせど自分には何の変化も起こりませんでした。そこで2杯目を処方してもらったのですが、それでもやはり何の変化もありません。

翌日、シャーマンが再びやってきて、それぞれが体験したことを聞きながら、それが意味することを解釈してくれるセッションがあったのですが、その時に自分には何も起こらなかったことを正直に告白すると、シャーマンから次のようなことを言われました。

135
136
Next Page

すなわち、「この飲みものにはポジティブなエネルギーがあって、それがその人の中にあるネガティブなエネルギーとぶつかると、そのネガティブなエネルギーを乗り越えるために必要なことをビジョンとして見せてくれるのです。したがって、2杯飲んで何も起こらなかったということは、あなたの中に今はネガティブなエネルギーが何もないということです」と。

これを聞いた時、「CTIジャパンに戻るべき」という声は本物の声であると確信し、なぜ戻らなければならないのか自分でもよくわからないまま、その声にしたがうことにしたのです。この時、自分にとって、「なぜ戻らなければならないか」という理由はたいして重要ではなく、その声が本物かどうかということが一番重要なことでした。なぜなら、その声が本物であれば、その声にしたがうことでいずれその理由はわかるはずだと信じていたからです。

ただ、自分がCTIジャパンの経営に戻るということは、かなりの覚悟を要することであり、それはそこまで力を注いできた2つの市民運動から実質的に手を引く必要があることを意味していました。帰国して、1ヶ月くらいで慌ただしく必要な引き継ぎをして、5月の連休明けにはCTIジャパンのCEOに着任しました。それまでにも数々の大きな変化を自分の人生の中で起こしてきましたが、この時ほど急激な転換はありませんでした。

アチュア族のガイドさんたちと

137
138
Next Page
Key Message 理由があるから行動するのではなく、行動するから理由がわかる
Episode08_そしてまた新たな道へ、よく生きる研究所を設立